ショートストーリー №27 心の闇

 私の名前は、はぁこ。とっくに死んで実体の無い猫である。私の飼い主は、いつも妄想の中で私に話しかける。ある意味、生きていた頃より私達は仲が良いのかもしれない。    時として、妄想女の飼い主は私に言う。昔から、化け猫の話があるんだから、あいつを懲らしめて、私の恨みを晴らしてよ。・・・どうも、妄想女は勘違いをしているのだ。化け猫の誕生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more