テーマ:独り言

ショートストーリー №27 心の闇

 私の名前は、はぁこ。とっくに死んで実体の無い猫である。私の飼い主は、いつも妄想の中で私に話しかける。ある意味、生きていた頃より私達は仲が良いのかもしれない。    時として、妄想女の飼い主は私に言う。昔から、化け猫の話があるんだから、あいつを懲らしめて、私の恨みを晴らしてよ。・・・どうも、妄想女は勘違いをしているのだ。化け猫の誕生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №26 機械至上主義

 「コンピューターでやっているから、間違いない筈ですが。」とか、「機械で読み取っているから、そちらの書き間違いじゃあありませんか?」とか、回答される事がたまたま続いた。  元はと言えば、人間が操作する事なのだから、確かに『機械は間違っていない』のかもしれない。そう、悪いのは人間なのだ。今の時代、機械に頼らずには生きて行きにくい世の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №25 生かされし人

 瀬戸内寂聴さんは、93歳だそうですね。まだまだお元気ですねぇ。生きるお手本です。病気をされても、再びにこやかなお顔を見せて下さる。無病息災では無く、まさに「一病息災」が似合うお人ですね。    還暦を過ぎたら、「お釣りの人生」と言う人がいました。他人に迷惑をかけたくはないけれど、生きている限り誰かの手を借り、助けて貰うのが日常なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №24 タケノコご飯

 妄想女のパートナーが、知り合いから生のタケノコを頂いて来ました。時間が経つほど美味しさが損なわれるので、すぐに米のとぎ汁を使って茹でました。その後で、柔らかい部分はタケノコご飯にして、根元の方は少し濃いめの味付けで、土佐煮にしました。春の香りと、ほのかな独特のえぐみ、歯ごたえ。やはり、市販の茹でタケノコとは違うような気がしました。美味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №23 複合施設

 少子化の影響で、地方ばかりでなく、都心部でも児童数が減少して廃校になる現象が増えているらしい。色々な試みをしている自治体もあるようだが、ある行政区では、保育園と老人施設を併設させて、とても良い相乗効果を得られているとか、テレビで見たけれど。  働かなくては生活するのが厳しい現実の中で、働きたくても、今働いていなければ子供を保育園…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №22 ハイヒール

 テレビで、ハイヒールを履いた綺麗な足を見ると、妄想女は必ず私に言うのだ。 「ねぇ、はぁこ。私だって、若い頃はあんな靴を履いていた事もあるのよ。」   幽霊猫の私は、妄想女の若い頃を知らない。生前、私が彼女の住まいに居ついた時には、彼女は充分に大人になっていた。そして、その頃の彼女は、慢性疾患が原因で、ハイヒールどころか、硬い革靴が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №21 ゴールデンウイーク

 ゴールデンウイークの初日、東北新幹線が架線事故で長時間ストップして大混乱だったとか。出かける人は、大変だよねぇ・・・。  この何年・・・というか、この何十年も、ゴールデンウイークに出かけた事が無い。混雑が苦手というのも理由の一つ。ずっと働いて来て、土日祝日に関係無い仕事が多かったのも理由の一つ。帰るべき故郷が無いのも理由の一つ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №20 小さきもの

 赤ちゃんは、何故あんなに可愛いのだろう。人間の赤ん坊は勿論だが、犬でも猫でも、生まれたばかりの生命は、無条件に神々しく愛おしく感じられる。誰よりも弱い筈なのに、誰よりも庇護を必要としている存在の筈なのに、誰も敵う事の出来ない強さを感じさせるのだ。不思議な存在だと思う。  赤ちゃんの目は、何故あんなに澄んでいるのだろう。大人達のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №19 三寒四温

 ベランダから見える山桜の樹が、すっかり葉桜に変わってしまった。いつもなら、もう春たけなわの頃なのに、今年はなかなか季節が進まない。上着無しで歩けたと思ったら、翌日にはまた手袋をつけて出かけるような日が繰り返される。場所によっては、満開の桜に雪が降り積もったりする。テレビのニュースで、映像として見る分には、確かに美しいし、そういう風景は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №18 自慢のタネ

 男は、往々にして過去を自慢する。どんな企業に勤めていた、どんな仕事をしていた、どんな肩書だった、等々。あるいは、自分がいかに女性から人気があったとか、どんなに値打ちが高い品物を持っていたかとか。中には、まれに自慢のタネを現在にまで継続している人もいるが、失った過去が輝いていればいるほど、その輝きを自慢する人が多いように思う。  そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №17 ITオンチ

 「LINE、やってる?」とか「Facebookは、やらないの?」とか、聞かれる事が増えて来た。断り文句として、「SNSとか苦手だし、ガラケーだから・・・」と言って来たが、「ガラケーでも出来るよ」とか「スマホも慣れれば簡単だし、色々な機能もあるから便利だよ」とか言われると、返す言葉が無くなる。だから、黙っているのだ。  パソコンも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №16  男女間の友情

 最近、気に入っている男がいる。もう1年以上の付き合いになるから、「最近」と言うのはおかしいかもしれないが。  彼は、くだけた話も真面目な話も、自然体でできる。話題も豊富だ。謙虚さも備えており、場の空気を読む事も心得ており、弱い立場の人をいたわり、気遣える優しさも持っている。男気もあり、男性としての魅力も充分に感じさせてくれる。要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №15 ミーハー

 妄想女は、結構ミーハーだ。一見、生真面目そうに見えるらしく、芸能ネタなどの話をすると、意外だと言う人もいる。極端な場合は、冗談なんか言わない人だと思っていたと言う人間さえいる。どれだけお堅い人間と思われているのだろう。そんな時、妄想女は愛想良く笑顔を振りまきながら、腹の中では舌打ちしている。それが、幽霊猫の私には見えるのだ。・・・結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №14 断捨離

 年上の友人がそうしていると聞いて、数年前から、私も真似をして「断捨離」を始めた。引っ越す度に、整理は繰り返して来たつもりだったが、結構しまい込んでいる物が多くあって、我ながらあきれた。  まず、衣類の整理をした。衣替えと称して、何年も袖を通していない服を、勿体ないからと、何度出し入れした事だろう。あまり傷んでない物は、リサイクル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №13 気ままな猫と女

 私の名前は、はぁこ。実体は無い。私の飼い主である妄想女は、時としてため息をつき、私に言う。「はぁこは良いわねぇ、気ままで・・・。」  私から見れば、妄想女もかなり気ままなものだ。自分では、協調性があるような事を言っているが、仕事でも家庭生活でも、日本人には珍しく、結構「YES・NO」をはっきり言う方だと思う。その上頑固と来ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №12 花の季節 

 ソメイヨシノがちらほら咲き始めた。花見の季節だ。咲き始めも、満開もきれいだが、個人的には散り際の桜が好きだ。風にハラハラと舞い、肩に降りかかる木の下を歩く時、何とも言えない気持ちになる。  花の命は短い。愛でられる事に、有頂天になってばかりいては、あっという間に時は過ぎて行ってしまう。だからと言って、堅実に生きようなんて思っては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №11 駄メンズ

 かつて、年下の男と付き合った事がある。ひと回り以上も年下だった。その時は、甘えられる事も嬉しかった。わがままもきいてやれた。何度かは嘘も許せた。・・・それが良くなかったのかもしれない。その男にとって、それが当たり前の事になり、それが日常となってしまった。疲れを感じて、私は「終わり」を悟った。  別れは、簡単ではなかった。無言電話や嫌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №10 三匹の子猫

 私の名前は、はぁこ。幽霊猫だ。まだ生きていた頃に、そうまだまだ若い頃に、私は三匹の子猫を産んだ。一匹は、私のパートナーにそっくりな、長毛のトラ猫のオスだった。もう一匹は、三毛猫のメスだった。そして、もう一匹は白黒の短毛で、昔の漫画にあった「のらくろ」のような見かけをしたオスだった。私も白黒模様ではあったが、毛の長さは普通だった。彼は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №9 マスコミ報道

 昨今、局の壁を気にせずに、民放各局が互いに協力し合うようになったからか、どのチャンネルを見てもワンパターンな報道が多いように思う。まぁ、それは報道に限った事では無いのかもしれないが・・・。  それぞれの企業において、中心となる世代が、30代から40代で、子供の頃から画一教育を受け、みんなと一緒が良い事だと育てられたからなのか。個性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №8 個性の強い男

 呑み屋で良く一緒になる男で、個性の強い男がいた。彼は、一言で言えば「善人」なのだと思う。本人は、酔うと口癖のように「俺は血の涙を流すような苦労をして来た」と言っていたが、ある程度の年齢で、ある程度の社会経験があれば、おそらくは誰もが味わった事のある「苦労」ではないかと思う。  仕事が毎日楽しくて楽しくて仕方ないという人の方が、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №7 計算キャラ

 その時代時代に合わせて、自分のキャラクターを計算してデビューするタレントは多い。覆面歌手であるとか、大物の子である事を意識的に隠しておいて、タイミング良くカミングアウトするとか。好む好まないは別にすれば、それらは、一つの演出であり、一つの営業戦略であると思う。世に出るための「必要悪」なのかもしれない。  芸能人とか、特殊な世界で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №6 酒癖その二

 その女性は、饒舌だった。呑み屋で一緒になると、そばにいる人には誰にでも気さくに話しかけていた。自分は、心に思った事を正直に口に出してしまうから、誤解される事も多いと言っていた。悪気はないのだ、素直なのだと。でも、そのせいで苛められる事もあるとも。いつも寡黙な男性と来ていた。夫婦だと言った。 次に会った時、その女性はたまたま一緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №5 男と女

  私の名前は、はぁこ。幽霊猫だ。私がまだこの世にいた頃、私にはパートナーがいた。初めて好きになった雄猫だった。鼻筋の通った、体格の良い、毛艶のきれいな、そのテリトリーのボス猫だった。   彼にくっついて飼い主の住まいに行き始めた頃、私の体が小さかったので、飼い主は2匹を親子と勘違いしたらしい。彼は紳士だったから、与えられた餌を私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №4 酒癖

呑み屋で出会う客は、色んな人がいる。職場で、家庭で、日常生活の中で、おそらくは誰もがそこでは「良い人」なのだと思う。 酒を飲んでも、普段とほとんど変わらない人もいれば、全く別人のようになってしまう人もいる。 どんな人にも「飲み癖」はある。楽しくなる人、暗くなる人、絡む人。一番面倒なのは、絡み癖か。面白いのは、絡む時点がまちまちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №3 血液型

私の名前は、はぁこ。幽霊猫だ。妄想女の飼い主は、生前の私に「はぁこ」と言う名前をつけた。元々野良猫だった私は、警戒心が強く、なつきにくい猫だった。そのくせ自立心に乏しい、野良らしくない猫だった。人間に媚びて餌を貰うという技量も無く、その辺に落ちているものでも何でも食べるというたくましさも無く、いつの間にか彼女の住まいに居ついた猫だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー №2 バスの老人

 最寄り駅のバス停で、その老人はバスを待っていた。80歳前後だろうか、杖を突き、足元には回転ずしのお持ち帰りの袋を置いていた。5~6人前の量が入っている大きさだった。  バスが来ると、老人は最前列席の後ろにある「荷物置き」にすしの袋を置いて、その横の優先席に座った。  何人かの乗客が乗り込み、60代後半か、上品な感じの女性が老人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショートストーリー  №1 初めまして・・・

 私の名前は、はぁこ。実体は無い。数年前に死んでいるから・・・。私の飼い主には、妄想癖がある。いつの間にか、私にもそれがうつってしまったらしい。  飼い主は、犬と猫のどっちが好きかという話になると、いつも「どちらかと言うと、猫」と答える。「猫は家につき、犬は人につく」と言うじゃないかと力説する相手には、それほどなついた犬でも「化け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more